GRⅢの露出設定をする。

僕のような写真素人が、カメラの扱いに慣れてイメージ通りの写真を撮れるようにカメラの設定をいろいろと試行錯誤していく上で、割と最初の段階で「露出」の重要性には気づくはずです。実際に僕はそうでした。

カメラ・写真の勉強をしようといろんなワークショップや撮影会に出かけ、参加者の方や達人たちにアドバイスをいただいていくうちに、特に最初にアドバイスされるのが「露出」と「構図」という事が多かったように思います。後の設定についてはシチュエーションなどでコロコロ変わるので、それはその場面で考えると良いと。

 

「露出」については、その設定如何で写真の印象がガラッと変わります。見たままの風景をそのまま表現するのか、それとも自分のイメージを具現化するのか、上手く「露出」を使いこなせればそれだけ写真の幅も広がり、より撮影も楽しくなるはずです。

測光モードの種類と変更方法

分割

撮影範囲を分割して、総合的に判断する。

中央重点

中央を重点的に測光します。

スポット

狭い範囲を測光します。一部の露出を測りたい時、露出を合わせたい被写体が小さいときに利用する。

ハイライト重点

撮影範囲を分割して測光して、明るい部分を重視した露出にします。

設定方法

  1. 電源が入っている状態で、液晶画面右上に配置されている「ADJボタン」を押す。
  2. 液晶画面右上中央の「測光モード」に十字キー左右にてカーソルを合わせる。
  3. 液晶画面右端に上から「分割」「中央重点」「スポット」「ハイライト重点」の順番で配列されているので好みのモードに十字キー上下でカーソルを合わせOKを押す。

GR3の設定方法などについてはこちらを参考にしています。